COLORKOI

色彩の魅力と可能性をわかりやすく紹介します

年別: 2024年

ブロックチェーンとアート市場!革新的な技術とジェネリックアーティストの影響とは

現代のビジネスとアートの世界は、ブロックチェーン技術という革新的な力によって急速に変化しています。 一方で、ブロックチェーンは商品やアート作品の真正性を保証し、新たなビジネスチャンスを生み出しています。 一方、アート市場 […]

デジタル革命と価値観の変遷!バンクシーからビープルへのアート界の進化とは?

現代社会における新たな価値観の進化として、「物の所有から仕組みの価値へ」という変化が見られます。 伝統的には物理的特性や美しさに価値が見出されていましたが、現在はその背後にあるプロセスや社会的意味、影響力が重要視されてい […]

重なり、陰影、色彩、縮小による遠近法まとめ!二次元から三次元への錯覚

視覚芸術の世界は、単なる画像を超えた深みとリアリズムを提供するために、さまざまな技法を駆使してきました。 これらの技法は、二次元のキャンバスやスクリーン上で三次元の世界を生み出し、観察者に現実と同じような空間的体験を与え […]

縮小の遠近法とは?基本原則・応用・歴史と発展をわかりやすく解説

縮小の遠近法は、物が遠くにあるほど小さく見えるという視覚効果です。 この原則は絵画や写真で空間の奥行きを表現するのに使われ、物や人物の大きさを変えることで、遠近感を生み出します。 建築やデザインにも応用され、道路や建物な […]

色彩の遠近法とは?ビジュアルアートにおける奥行きをわかりやすく解説

色彩学は、私たちが感じる世界の美しさと深さを理解するための学問です。 赤、青、黄の三原色と、それに緑を加えた四原色の理論から始まり、色の本質を色相、明度、彩度という三つの要素で捉えます。 色彩学は、ビジュアルアートにおけ […]

重なりの遠近法とは?二次元の世界に立体感を描く

視覚芸術は、表面的には単なる平面の世界ですが、その中に奥行きや立体感を生み出すことができます。 この魔法のような効果をもたらすのが「重なり」の遠近法です。 絵画や写真、デザインなど二次元の作品において、この技法は空間的な […]

「加法混色」と「減法混色」の違いとは?混色方法や光と物質の相互作用による色の理解

加法混色は光の混合によるもので、異なる色の光が合わさると新しい色が生まれ、最終的に白光になります。 これはテレビやコンピュータの画面などで見られます。 減法混色は物質による色の混合で、色材が光を吸収し、結果として暗い色に […]

視覚芸術における色彩の錯視と感覚とは?色彩学の歴史と理論

赤と緑の錯視は、人間の視覚システムが色をどのように知覚するかを示す現象であり、長時間赤色を見ると錐体細胞が疲労し、反対色の緑が強調される「色の適応」という効果が生じます。 しかし、赤と緑を同時に見ると、この効果は起こらず […]

テキストのコピーはできません。